« 2015年2月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年5月

2015年5月21日 (木)

ガイ対策 追記

ガイ使いの上位の方と連戦する機会がありまして、まあ結果は散々だったのですが、手応えとしては、「このまま数こなせばいけるようになるだろうな」というものでした。おおまかな方向性としては前回書いたものでいいのですが、さすがに上位ともなると簡単に的を絞らせてはくれないし、自分のキャミィ熟練度もまだまだということもあっての惨敗ということです。

で、その対戦の中で気づいたこともあるので追記しとこうと思います。これはガイを向こうに回す側になってはじめて気づいたことだからもしかしたらとっくに通った道という方も多いかもしれませんが。

・ホウザントをガードした後の最適行動をチェック
たとえばAEヤンみたいに3F立ち小Kという糞強い選択肢がど真ん中にあります、っていうなら悩む必要はないのですがそうでないキャラがほとんどだし、ガイを使っていた頃にはここを起点にしてダメージを取っていくことが多かったので、ここでしっかり最適解を用意、或いはせめて読み合いできる選択肢を持つということはとても重要だと思います。
弱ホウザン被ガード後のガイ側の行動としては、小足、立ち中K、立ち中P(TC)→ホウザン
なんかが多いかと思います。
例えばこのうちの小足という選択肢、ホウザンを立ちガードすれば届かなくなって反撃チャンスって知ってました?(全キャラかどうかは知りませんが)
僕は知り合いの元使いがやってくるまで全くしりませんでした。

他の択も立ちガード→後ろ歩きですかしたりできるので、ここでリターンのある選択肢を用意しておくことでガイ側はバクステが多めになったり、攻めが途切れがちになりますね。
「ガイ戦どうしたらいいんですかー?」とかよく訊かれたもんですが、このあたりがきちんと整理できてる人ってあまりいなかったので、しっかり調べておくといいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

ガイ使いから見るガイ対策

どれくらいぶりの更新でしょうか?

今年度からキャミィ使いにジョブチェンジしまして、日々研究、対戦に奮闘しています。やっと入り口くらいには立てたかなあ、なんて思いますので、家庭用、アーケードで遭遇した際にはよしなにお願い致します。
で、急にキャミィの話するよ、とか言ってもどう考えても需要がないし知識経験不足でどの口が言ってんだ状態になるので、ここは何か役立ちそうなテーマで、ということでガイ対策というものを元ガイ使いの視点から語ってみようと思います。
まず、ほとんどのキャラに共通した対策を。
1.イズナ(肘)
2.中P(TC)ホウザン
この二つをきちんと咎めます。これだけでかなりの数のガイ使いが路頭に迷います。本当です。
勿論完璧に処理しようと思ったら難しいのですが、最低限食らわないようにしながら、狙ったときだけでも潰せたらこれは相当ガイは辛いです。
あとはそれプラス、スライディングの処理と首狩の確反を練習すれば、おそらく現存するガイ使いの上位一握り以外とは勝負になる、っていうか下手したら負け越さないんじゃないですかね。
・ガイ戦で持ってると便利な技
このブログでも繰り返し語ってきましたが、ガイ戦での弾打ちは他のキャラとは少し違っていて、遠距離の弾ほど危なく、中近距離では打ち放題に近いです。これに関しては、ガイのジャンプ軌道をしっかり把握できているかというのが問われますが、これをマスターすると、他キャラに対しては超危険な弾も打ち放題だということに気づくはずです。
コマ投げ
2F投げを持っていると、ガイの主力連係である中PTC→急停止が封じられます。スラもほぼ封印になりますね。ただでさえ追う展開が辛い投げキャラ戦でこれは絶望もの。
低姿勢
肘、イズナ肘を安定して潰し、あまつさえそこからコンボにいけるような技があればとても心強いです。
(ワンボタン)対空
まあ対ガイに限った話ではありませんが…。飛び越しにも対応できるような技(サガット中Pなど)があればとても良い。
こんなとこで、次回気が向いたらこれらの実践例としてキャミィのガイ対策を考えてみようと思います。キャミィ側にたってみてはじめてわかったこととかありますしね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2016年2月 »