uni

2012年9月30日 (日)

2F

大会でてみた。

結果は惨敗だったけど、内容的にはそこそこ満足。人のプレイを見てて、「ここはこうしてみよう」と思ったことはきちんとそのとおり動けたから。調整を見越してCS関連を全く練習してないので、ゲージをうまく使えてない自覚はあるけど、それ以外の立ち回りの部分では着実に力をつけてきたように思う。まあ、キャラも強いし。
大会や野試合を見てると、やっぱりCSは絶対に調整されなきゃいけないし(それどころか削除でもいいくらい!)、昇り中段とかいう理不尽をなくして、ユズリハに火力を少し足してカーマインをどうにか調整すれば(カーマイン見たこと無いんで具体的には何もいえない)、バランスはかなり整うんじゃないですかね。個人的な希望をいえば、セト、リンネ、オリエのキャラ特性にもっと独自色をつけて欲しい。現状は技が少し違うだけでやってることそんなにかわらんだろこいつら、いや、レベルの高い地域とかだとどうか知らんが。

今日まで見たキャラの感想

ハイド

自キャラ。リンネやオリエ相手にもそこまできつくないけど、ゴルドーやユズリハなど、中遠距離特化がけっこうキツイ印象。J攻撃の微妙さとダッシュが中途半端なのでバックJで待たれると困ってる。
「短時間で」そこそこの火力が出るコンボを持ってるので、捲り能力は高いように見える。コンボの拘束時間が短いのはいいことだ。


リンネ

コンボの拘束時間長すぎ。コンボゲーを脱却とはよく言ったもんだ、猛省を要求するね。
昇り中段に関しては少し書いたけど、個人的にはループしなくてF式なら…と思ってるけど2段ジャンプ持ってるんだったらダメだわそりゃ。
CS調整によりコンボ火力と時間が下がれば、まあこんなもんじゃね?と思う。セトの上位互換にしか見えん。

オリエ

突進の性能が馬鹿げてる。といまんとこは思う。結局Fデータが出揃ってからが勝負だと思うけど、こういう人外魔境がいっぱ出てくるゲームでは、グラフィックと性能が直感的に繋がらないことが多いので、数字は早く欲しいところ。目だった弱点が思いつかないんで、もし調整でリンネが落ちたらとりあえずこいつがテッペンにいるでしょ。

メルカヴァ

怪獣。使ってる人が一生肘(4B?)こすってたけど、そういう技なの?確かに判定は強かったけど。
なんかうさんくさい技が多くてよくわかってないけどネタバレしきると案外浅そうなイメージ。

ゴルドー

初狩り御用達。昇竜?みたいな技の対処がわからず、それをガードさせられてEXコマ投げ?とEX昇竜の択を延々かけられた。結局反確はわからなかったので(リバサA昇竜かな?)最終的にバクステですかして刺し返すだけで勝ってた。すっきりしない。

セト

劣化リンネにしか見えん。設置は面白そうなので、もうちょっとそこに色づけが欲しかった。

ユズリハ

弱キャラといわれてる。確かにリンネ戦やオリエ戦は見てて気の毒だった。
ポイントを見ると武器はあるように見えるんだよなー、屈B?のリーチはあれ脅威だよ、少なくともスト4あがりだとあの間合いで下段は無理、意識できない。
ダルシム系職人キャラという位置づけでいいんじゃない?少なくとも強キャラ群のような戦い方をするキャラじゃないのでそこを見て弱いというのはなんか違う気がする。とはいえもうちょい火力はあってもよかったかも。


調整っていつなんだろね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

UNI ファーストインプレッション

稼動から約1週間、初心者狩りにめげずにちょこちょこやっててやっと対戦で初勝利を飾ったので、現状の感想でも。

まず、ペルソナやろうと思い立ったときと同じで、この会社のゲームをやるのがはじめてなのでボタンに慣れなく、自分が押しているボタンと画面で起きている現象が直感的に繋がらなくて苦労しました。少しずつ画面は落ち着いてきた感じですが、展開が速くなるとまだまだつらいですね。

現状の対戦の感想としては、小足こすりゲーっぽくなってる感じ。たぶんこの系列のゲームの経験者の人が、コンボは出来るから強引に暴れて小足ささって3割4割、みたいな、まあイマイチ達成感のなさそうな勝負のつき方をよく目にしました。この辺の駆け引きは、スト4と似てる部分があると思うので、ここ関連の立ち回りはスト4のときと同じ様な進化の仕方をしそう。
屈グラ全盛→グラつぶし開発→ガンガードや上いれっぱなども含んだ多様な読み合いへ

みたいなね。
ただこのゲーム、ちょっと補正のかかり方が変で、屈グラ小足がささったときとグラ潰しが通ったときのダメージがあんま変わらんっぽいのが吉と出るか凶と出るか、ですね。
あと、ジャンプに(空ジャンプでも)キャンセルできない隙があるっぽいし、ジャンプ移行もそんな早くない感じなので、ますます小足強いなー、と。

そこを踏まえると、キャラランクは小足の強さ(発生、リーチ、そこからの火力)を基準に動いていくのではないかと思います。そういう考え方だと、今僕の使ってるハイドというキャラは、現状かなり強キャラとされているようですが、最終的には中堅上位くらいのいい位置に収まるんじゃないかなー、なんて思ってます。


ということで、そのハイドについてのインプレッション。

波動昇竜、性能のいい突進技、とまあどうやっても下位にはならんだろうな、と。
特に波動はすごく使いやすい印象。C波動が化けにくけりゃよかったんだけど。昇竜もすごく強い。ただ、スト4のゆとり昇竜に慣れてしまってるのでいざというとき出なくて困る。これは要練習、ここは妥協できないので。
突進は2段目ディレイで5分~有利とれるっぽいけど、そこまで使えるというわけでもないんじゃないかな?どうせ2段目シールド安定なんじゃないの?
ダッシュCは壊れ技枠。判定強いのはいいけど裏に回るとかダウンとかそういうのいらんかったんじゃないかな。まあ対策はされるんだろうけど、それでも対応を強いるという時点で強いわな。

逆に弱点、というかなんか足りないなー、ってとこ。
小足のリーチ。発生が特に優れているわけではない(悪くも無いけど)のにリーチは短い。3つ刻もうとすると3つめがすかって暴れ小足をもらうことが非常に多い。
J軌道とJ攻撃。前述の小足と絡んで、小足2発刻んで上から被せようとすると、当たらないことが多い。あと、真下から近めの下に対しては強いが、遠めに関してはかなり弱い。つまり、空対空に弱い。これが、優秀な波動で遠距離戦をしたいのに、相手を捌ききれないというジレンマを生んでます。


このあたりで長所と短所が相殺してると感じるので、結局高レベルの器用貧乏みたいな感じになるんじゃないかなーと予想。


こんなとこ。個人的にはジャンプ関連が辛いなー、スト4の時それなりに安パイな行動だった、空ジャンプ着地遅め屈グラが使えないのがネックですね、J攻撃の間合いの難しさも相俟ってそこが一番きついかも。

ま、人がいるうちはがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)